相手を知るにはまず自分から歩みよる、これはダイエットにも言えることです。ダイエットをする身体は、誰のでもなく自分自身の身体のことなのです。自分の身体の特徴や性質を理解してダイエットをすることが大切です。

2016年08月の記事一覧

ダイエットにはスイーツを抑えててヨガを取り入れよう

ダイエットには様々な方法があります。特定の食材を使ったダイエットや糖質を制限するもの、置き換えダイエットなど、多岐に渡ります。体重を落とすため必要なことは摂取カロリーが消費カロリーを下回るようにするということです。これは誰もが頭ではわかっているものの、美味しそうな食べ物を目の前にするとどうしても「食べたい」という欲求を抑えることができず、挫折してしまうものです。また、極端なダイエット法では長続きさせることが難しく、リバウンドしてしまうというリスクがあります。健康的に減量するためには、食事のコントロールと運動が基本です。いくら摂取カロリーを抑えたとしても、運動をしないでいると筋肉がなくなり、基礎代謝が悪くなります。運動を日々の生活に取り入れることで、筋力をつけ、基礎代謝をアップさせることができます。何事も長く続けるためには、あまり無理しすぎないようにすることが重要です。極端な食事制限や普段運動していない人が激しいスポーツをすることで、逆に食欲旺盛になり食べ過ぎてしまったり、体を痛めてしまうこともあります。食事制限については、炭水化物を控え目に野菜をたくさん食べるようにして、適量のたんぱく質や食物繊維をしっかり摂るようにしましょう。間食はしないことが理想ですが、間食するのであれば栄養面で優秀なナッツやフルーツを食べるようにしましょう。どうしてもスイーツが食べたい時は少量をご褒美として食べても構いませんが、食べ過ぎないように気をつけましょう。運動については、ウォーキングやジョギングのほか、ヨガがおすすめです。ヨガは単なるストレッチではなく、柔軟性を高めながら、ポーズによっては筋力をつけることもできます。さらに腹式呼吸により全身の血流が改善され、精神面の安定をはかることもできます。スイーツを控え目にヨガでしっかり運動をして、ダイエットを成功させましょう。

続きを読む

ダイエットをする際健康的に痩せるための減量方法

ダイエットにはあらゆる方法があります。運動メインの痩せ方もあれば、何かだけを食べて減量を目指したり、逆に何かを食べないという方法もあります。多くの人にとって、ダイエットはただ痩せれば終わりというわけではなく、痩せた後もその体型、体重をキープしたいと思うもので、そのための減量方法が必要になります。健康的に痩せて、痩せた後もそのまま維持する減量方法とは、どんなものでしょう。
食べることをやめればどんどん体重は落ちますが、これは不健康そのものです。必要な栄養をバランスよく摂りながら痩せることが求められます。そのためには運動で無駄な脂肪を燃やすことが肝要です。三食はきちんと食べ、適度な運動をして自然と痩せていくことが理想的です。脂肪を効率よく燃やすのは有酸素運動です。ウォーキングなどが手軽で良いですが、自転車でも水泳でも、継続的に体を動かせればなんでも構いません。毎日できるものを探してください。筋肉量を増やすことも大事です。筋肉が増えれば基礎代謝は上がり、太りにくく痩せやすい体を作ることができます。ムキムキになる必要はありませんが、刺激を与えてあげれば筋肉は積極的にエネルギーを消費してくれます。有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることが減量方法としては最適です。
間食などで摂取過剰にならないようにする必要はありますが、ストレスを溜めないために息抜きとしてたまに嗜好品を楽しむのも良いです。空腹で悶々とするくらいなら、お気に入りのチョコレートをひとかけら食べた方が効率的ですし、長続きさせることもできます。一番大事なのは継続させることなので、途中で投げ出さないよう自分の性格と相談しながら工夫するのが、ダイエットを成功させる鍵です。
ダイエットでせっかく綺麗になった体を維持するため、適度な運動を週に何度かするよう心がけながら、暴飲暴食は避けましょう。体重計に毎日乗ってチェックするとなお良いです。

続きを読む